食事に気を配ることも、わきがの臭い対策となる

食事に気を配ることも、わきがの臭い対策となる

わきが体質の人は、そうでない人に比べてアポクリン腺の数が多いとされています。日本人でこのわきが体質の人は10人に1人、約10%の割合で存在すると言われています。欧米などでは70%以上の確率でわきが体質であるため、日本人は比較的わきが体質の人が少なくなっています。

 

しかし、これが逆にわきがの臭いがとても目立つこととなり、わきが体質の人の悩みの種になっています。わきが体質で悩んでいる場合、できるだけ臭いを消したい、抑えたいと思っている人がほとんどです。わきが対策としては、手術によってアポクリン腺を除去して改善する方法以外にも、普段の食生活に気を配ることでも、わきがの臭い対策を行うことができます。

 

わきがの原因はアポクリン腺から分泌される汗が原因となります。この汗自体には臭いはないのですが、汗に含まれる糖質、たんぱく質、脂質といった成分が、皮膚にいる常在菌により分解されることによって臭いが発生するのです。このアポクリン腺を活発にしてる食べ物が、肉類などの高カロリー高脂質の食材です。実際、ファーストフード店など欧米の食事が日本に入ってくるようになってから、日本人のわきが体質が目立つようになってきていると言われています。そういったことからも分かるように、食事によってもわきがの臭いを強くする原因となってます。

 

逆に、穀物類、野菜、魚といった食材には、ポリフェノールやβカロチン、ビタミンなどが豊富に含まれており、わきが体質を改善してくれる働きがあります。普段の食生活を欧米と同じ肉中心の食事ではなく、野菜や魚を中心とした日本食を食べるようにすると、わきがの臭いを、体の中から抑制する効果が期待できます。

 

動物性脂肪の摂取が減ることで、アポクリン腺の働きを抑制できたり、タンパク質が減ることで汗がでにくくなります。手汗対策で人気・話題のファリネの口コミと効果の違い。また、日本食は比較的低カロリー低脂質な食事であるため、肥満予防にもつながり、これによって発汗を抑えることにも繋がります。

 

そのため、毎日の食事の中に、野菜と魚中心の日本食メニュー積極的に摂り入れていくことでもわきがの臭い対策となるのです。この他にも、塩分や糖分の摂り過ぎに注意したり、刺激の強い香辛料も控えることも大切です。