多汗症を防ぐ食べ物と足汗の対処法

多汗症を防ぐ食べ物と足汗の対処法

まず、多汗症の原因は自律神経や女性ホルモンのバランスやストレスなどが原因と言われています。中でも自律神経やストレスや女性ホルモンなどは食生活を直す事で改善されます。オススメの食べ物ですが、大豆製品がいいと言われています。

 

納豆、豆腐、豆乳、味噌などはイソフラボンが豊富に摂取出来るので発汗作用に効果的です。次に、ハーブです。ハーブはリラックス効果を高めることが出来るのと言われているので、交感神経を抑える事ができます。また、身体を冷やす野菜もいいと言われているので、熱のこもらない体質を作る効果のある、きゅうり、トマト、ナス、ゴーヤなどもオススメです。

 

逆に症状を悪化させる食材というものは刺激の強い料理です。辛いもの、酸っぱすぎるもの、甘すぎるものは良くないです。また、カフェインは汗腺を刺激する物質になるのでカフェインの取りすぎにも注意が必要になります。揚げ物や脂肪分の多い食材もあまりよくありません。肥満になりやすくなるので多汗の原因になります。

 

また、多汗と同じくらい足汗が多くて悩んでいる人もいます。足汗はよその家へ行った時などに靴を脱ごうとすると足の臭いがすごくて気になってしまいます。

 

周りに臭いと思われていないか毎回心配しなくてはならないので、足汗の人は深刻な悩みです。そもそも足の裏には汗腺が多く汗をかきやすいのです。足汗の人の対処法は、同じ靴を2日以上続けて履かない事です。1日履いて、足汗のついている靴をまた履いてを繰り返していたら当然臭くなります。

 

履いた靴はしっかり乾かして保管する事です。帰宅後すぐに下駄箱に入れるのでなくて、いったん靴に付いた水分は完全に乾かす事が大事です。次は、入浴の時に足をしっかり洗うことです。足だけではなく、指と爪の間までしっかり洗います。また、足の爪は伸ばさず定期的に切ることも大事です。他には、靴下はムレにくいものを選ぶことも大事です。足と足の間には汗が溜まりやすいので5本指の靴下にするなど工夫が必要です。

 

以上のように、体質はなかなか改善出来ませんが、ちょっとした工夫で対処できるので、足汗が気になる人は気にして工夫してみることが大事です。